FC2ブログ
くじらカツ
くじらカツ 名物☆

先日、京王百貨店の毎年恒例、駅弁大会に行ってきますた(・∞・)/ <原稿用紙を買うついでだったンだけど、土曜日だったンで、えらく混んでますて、これ(-A-)

ここ数年、この駅弁大会は毎年参加w 何かしら2、3個買ってきます。 いろいろ食べたいから、未経験駅弁を選ぶんだけど、そんな中、このくじらカツだけ、複数回買ってるって代物だ~ネ、これ☆  今年は、そのくじらカツと、郡山(がんがれ福島的な☆)の、みそロース弁当を買いますた(・∞・)/

上画で見るように、包装がだんだんゴージャスになってきとる(-A-) ちょっと前まで、くじらの絵が描かれた黄色いわら半紙にくるまれてるだけやったのにw  

なんとなくだけど、以前よりくじら特有のくさみがうすくなったようナ!? くじら馴れしてない方には、食べやすいのかもしれないけっちょ、くじらしたいなるととしては、くじらな匂いを残しておいて欲しいモノだす~( ̄◇ ̄)  とはいえ、ごっつ~うンまい!

そんな、一年に一回の、駅弁な贅沢だったとさ☆ <駅弁っていっても、ひとつ1000円以上だものw <案外な贅沢品ですw

ちゅうコトで、また次回(^0^)/  ではでは
【 2012/01/24 23:42 】

未分類 | コメント(2) | トラックバック(0) |
<<さみ~(-A-) | ホーム | うどん屋03コンテ>>
コメント
--- ---

お栄とお咲は腹違いの姉妹。
病弱の母のために盗みを働いたお栄。
お咲はお栄の身代わりになって捕まり女囚に。
 
幕末の大店の主人・越中屋は美しい女囚を秘かに犯すのが唯一の楽しみという変質者で、
同心・最上を借金漬けにして懐柔、その他牢屋奉行石出頼母、十手持ち勘造、女牢名主お兼の手を借りて、
若い女囚を弄んでいたのだ。

お咲は夜間になると定期的に籠に乗せられて越中屋の屋敷まで連れ出され、
閨の寝具の上であぐらをかいて待っている越中屋の前で、白着物の上から同心・最上に後ろ手に緊縛される。

夜具の上に仰向けに転がされたお咲の上にのしかかる越中屋。
お咲は淫欲の餌食にされ、夜通しこってりと可愛がられる。
人知れず変質者に抱かれ続けたお咲は、とうとう越中屋の子を宿してしまう。

その事に気付いた越中屋達はお咲の始末を決断。
男子禁制の女牢内で女囚が妊娠した事が露見すれば都合が悪いので、
お兼の指示により牢内でお咲は発作を装った偽装工作で殺される。

お咲の遺体を埋めていた小者は、彼女が妊娠していることに気づく。
「この仏さん、腹に子供がいるぜ」 
その現場に居合わせた妹お栄は、姉の死に不審を抱く。
 
妹お栄は姉の死の真相を求めて自ら入牢。
そして彼女も姉同様両腕を後ろで拘束されて越中屋の餌食にされ、
姉が陥れられた淫楽地獄に堕ちる。
* URL [編集] 【 2012/01/29 16:10 】
--- ---

お江戸風情の凌辱物語っすか(・∞・)/  お姉さん、なくなっちゃうのは、ちと可哀相~(-A-)  残された病弱のお母はんのコトもあるしぃ。 悲哀堕ち系だ~ネ☆ 

あと、姉妹のキャラ立てに、貞操感ブランド(気丈剣士姉妹とか、エロ店主に惚れられたお武家貞淑妻とか)があると、なると好みだわネ、これw
なると * URL [編集] 【 2012/01/29 21:58 】
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://naruto4848.blog100.fc2.com/tb.php/742-33f10fbd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |