FC2ブログ
祝100万人☆
新義父表紙01-3 色違うバージョンw

気がつけば、なるとな暮らし、のべ来場者100万人達成~(・∞・)/

7年以上やってきたブログだけど、ようやくなのか(w)ついになのか、おかげさまで100万カウンター、いきますた(= ̄ω ̄=)ノ 毎度な方からちょい見の方、通り過ぎの方まで、ありがとうございます☆  始めた当初は、日に50人もくればいい方だったけど、今は時に、、その10倍くらい来てくれて、ありがたいかぎりです( ̄◇ ̄)

とりあえず、祝のいろどりで、義父1話表紙の別色画をUPしますたw  

ブログのテンプレにあるホットケーキ姉弟も、がんばってくれますた(・ω・)ノ  何せ、この7年の間に、ホットケーキという言葉は少なくなり、パンケーキって言葉がとって変わってもうてるしぃ(-A-) <デザートがスィーツみたいなw

継続はチカラなり☆ ちゅうコトで、また次回(^0^)/ ではでは



【 2014/08/07 21:43 】

紹介 | コメント(7) | トラックバック(0) |
<<だるだる( ̄◇ ̄) | ホーム | マドンナ飲み会>>
コメント
--- ---

なると先生 話の終わりだいたい腹ボテSEXですが たまには堕ちた裕美のイキ狂う濃厚シーンで終わるのは駄目ですかね? いや いつものパターンも好きなんですか。
キラ * URL [編集] 【 2014/08/08 13:25 】
--- ---

一読者の希望
1)夫が入浴中、義父粘三が裕美に鬼クンニ
2)義父粘三が裕美に色責め中、息子にTELして、優越感
3)仮病で自室で篭っている義父粘三が、看病を口実に裕美を呼び出し、色責め
4)義父粘三が息子に偽りの健康診断をさせてパイプカットし、女を妊娠させる能力を失わせて、己が裕美を孕ませる
5)夫が不慮の事故で急死し、家の跡取りが必要だとの口実で、義父粘三が裕美と子づくり三昧
6)夫が長期出張中、義父粘三が裕美の背中一面に、昇り竜の刺青を彫り込み、セックス
7)夫が職場の慰安旅行で訪れた温泉で、仮面で目を隠した裕美と義父粘三が白黒ショー
8)夫が事故で入院中の間隙を突いて、義父粘三が裕美を犯して妊娠させ、夫に事後報告
9)裕美の両親が訪問中、襖一枚隔てた隣室で、裕美の口に己のパンツを押し込み、犯す義父粘三
10)息子の前で、早く孫の顔が見たいと裕美に催促し、息子が就寝中、裕美と子づくりに励む義父粘三

どないでしょうか
クンニの鬼 * URL [編集] 【 2014/08/09 05:00 】
--- ---

ホットケーキ姉弟がかけているシロップの先にあるホットケーキをクリックすると画面トップに行くのを知ったのは、つい最近のことでしたww。ブログ開設当初から愛読させていただいていたのですがww。兎にも角にも100万人突破はめでたい!
ですワ~総統 * URL [編集] 【 2014/08/10 00:27 】
--- 祝 来場者100万人達成 ---

なると先生今晩は。
100万人が先生のブログを見たってのはものすごい数字です。私もブログを7年ほどやってますが、総来訪者数は6万程ですのでその凄さがわかります。これからも楽しい投稿を期待しています。
ドッペル * URL [編集] 【 2014/08/10 21:17 】
--- ---

なると先生、新作コミック発売日いつぐらいでしょうか?
* URL [編集] 【 2014/08/12 21:09 】
--- 大好きです! ---

毎回楽しみに見てます!
食卓中にバイブプレイ、縄プレイ、コスプレプレイ見たいです!
先生の作品はどれも好きなので頑張ってください!
コスプレ大魔人 * URL [編集] 【 2014/08/12 22:41 】
--- ---

100万人達成祝コメ、いっぱいありがとうございました(・∞・)/

裕美さんのH調教は始まったばかり☆ この後、いろいろH展開はあるけっちょ、性感開発、アナル開発、淫語教育シーンは欠かせないので、そのうえで、展開的にいけるH責め(シーン)が入る感じ(・∞・)/

なので、いろいろ希望はあるかもだけっちょ、なかなか遊べる(自由にHが描ける)シーンって少ないんすわ( ̄◇ ̄)

縄予定はあるけっちょネw

それと、麻衣子の単行本は、10/25発売予定です(・∞・)/ あくまで予定なので、今のとこ、目安でw 


 
なると * URL [編集] 【 2014/08/17 18:59 】
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://naruto4848.blog100.fc2.com/tb.php/1058-d6258343
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |